見失うな

今、どこに、何に向かっているのか。
自らの夢、目標に向かっているのか。

誰でも遠回りはしたくありませんが、歩んだ道のりが遠回りだったかなんていうのは結果的なことです。
たどり着いた時にしか分かりません。

ちゃんと目標に向かう為に選んだ道ならば、全て正解なのです。

大切なのは、見失わないこと。

進みたければ、しっかり前を向いていなければいけないのです。

しかし、ある程度進むと人は自分の横や後ろを気にしてしまうものです。
前を進んでいる誰かに追いつき、追い越そうとするのではなく
自分よりも遅れている誰かを選んで比較し、優越感に浸る。
そんな自己満足に、意味などありません。

横や後ろを見ながら進むことなど出来ず、いずれ目標を見失ってしまいます。

中には、前を進んでいる人の足を引っ張ろうとする人もいます。
そんな関わりをもっていては、たどり着けるはずがないのです。

時間は無限にあるわけではありません。
人生という限られた時間を消費して、目標へ向かって進んでいる
そう考えれば自分にとって必要な関わり、必要なモノが見えてくるはずです。

そしてそれは簡単な道のりではありません。

目指すものによってその道のりの険しさは変わりますが
どんなルートもただの一本道ではないでしょう。

はじめは楽は道のりでも、しばらくすれば急な上り坂があったり、通れないような悪路であったり
時には、天気が悪くなり大雨が降るかもしれません。

そうして立ち止まってしまいそうなときは、少し休憩するのもいいでしょう。
無理をして身体を壊しては元も子もありません。

そんなとき、振り返れば自分の足跡が見えるはずです。

これまでを一生懸命に進んできた人ならば
培った経験は、上り坂や悪路をものともしない勇気となり、雨をしのぐ傘になります。
全ては無駄ではないのです。

目指す先を見失わなければ、途絶えることなく道は続いていくのです。

この記事を書いた人

M.Sugimoto

アートビズのサービスチーフ。幾多のアルバイト武者修行の経験があり、話題をふれば「あー、あの業界はですね」と現場の裏側を大体知っている。次から次へとやってくる業務に押しつぶされそうになりながらも、日々アートのサービスとお客様対応の品質向上に熱意を注いでいる。NBA(プロバスケ)観戦が趣味と。