未来を予見する点と線

9月になってもまだまだ暑い日が続いていますが、ここ数年、毎年夏には昨年より暑い~といったニュースを耳にします。
再来年は東京オリンピックが開催されますが、今年以上に熱中症などが心配になりますね。

さて、東京オリンピックについては、間違いなく盛り上がると思いますし、個人的にもとても楽しみですが
オリンピック終了後には、日本経済はどんどんと悪くなっていくと言われています。

更に、これから高齢者過多になっていく時代で若い人(20代~30代後半)達の税収で高齢者の年金をはじめ、医療や福祉、介護などを支えていかなければなりません。

そして、現在の人口(1億2千万人程)、今後の人口減少により
年金をまともに受給できるとされているのは現在40代半ばの人くらいまでだと言われています。
それ以降は、若い人達の税収だけでは増えすぎた高齢者の年金を集められず
年金システムが根本的に変わっていくか
単純に、税金が上がるかのどちらになるでしょう。

人口減少についても、経済悪化で所得の少ない人達が今以上に増えてくると
結婚をして、2人以上子供を産むとなると現実的ではありませんよね。
当たり前ですが、2人の男女が結婚をして2人以上の子供作らなければ人口は増えていきません。

となれば、これまで以上に自らで収入を確立する方法安定的にビジネスを行っていく感覚を身に付ける必要があります。

これから予想される時代は、多くの人が多くのお金を使って経済が豊かに回っていくとは考えにくいです。
個人も企業も、財布の紐はどんどん固くなっていくわけですが
こういったことを踏まえて考えていくと何か新しいビジネスのチャンスが見つかるかもしれません。

このように、あらゆる情報を多く仕入れる事で、ひとつひとつを100%理解できていないとしても多少先の未来を予見することができます。

これはとても重要なことです。

一見自分には関係のないようなニュースや発明も”点”として知っておくこと
ただの知識という”点”が、驚くようなところで”線”になることもあるのです。

これからの時代、ビジネスチャンスもどんどんと減っていき難しくなっていきます。
その中で、多くの情報を抱え、周りの人よりもチャンスに敏感に反応できるように準備しておくだけで
他の人より、一歩も二歩も先を行くことができるのです。

この記事を書いた人

M.Sugimoto

アートビズのサービスチーフ。幾多のアルバイト武者修行の経験があり、話題をふれば「あー、あの業界はですね」と現場の裏側を大体知っている。次から次へとやってくる業務に押しつぶされそうになりながらも、日々アートのサービスとお客様対応の品質向上に熱意を注いでいる。NBA(プロバスケ)観戦が趣味と。