自己満足で終わらせるな

ビジネスを自己満足で終わらせてはいけません。

これは分かっていても中々難しいことです。

新しいビジネスをはじめる時、自分がやりたいコトや作りたいモノなどそういった目的をもちますが
自分のやりたいコト、作りたいモノが、本当に消費者のニーズに合っているのかを追求し、考えていかなければなりません。

自分が作りたかったモノのクオリティをどれだけ高めて販売しても
人々が必要としなければ、商品として成り立ちません

世の中にあるモノは全て誰かに必要とされ、購入されているから商品として成り立っているのです。
それは、製造業だけでなく、飲食でもサービス業でも全てに言える事です。

そして人々のニーズとは単純ではありません。
性能や利便性、だけではないのです。
モノを売る時にもっとも重要なのは、収益が見込めるという事は勿論、販売価格と性能のバランス、そして認知度です。

売ろうとしているモノのターゲット層を見極めて、高すぎず、利益の出る値段設定と性能をつり合ったものにしなければ
ただ高いだけの商品、安いけれど性能が劣悪な商品になってしまいます。

そして認知度ですが
売りたいターゲット層に自分の商品を知ってもらわなければなりません
おそらくここが一番難しいしょう。
その商品を知ってもらわなければ、買う買わないと判断してもらうところにすらいけません。
どこかの誰かがすごく画期的で、とても高性能なモノを作ったとしても
その存在を知られなければ意味がないのです。
なので、自分の商品をどんな人達に、どんな方法で知ってもらうか、が重要なのです。
その商品の存在を知ってもらい、類似品との比較をされた上で自分の商品を選んでもらってはじめてひとつ商品が売れるのです。

自分が作りたい商品、やりたいサービス、それらは本当に誰かに必要とされるモノなのか
値段や機能も含めて、あくまで消費者目線でなければなりません
自己満足にならぬよう、常にこのことを心がけていきましょう。

この記事を書いた人

M.Sugimoto

アートビズのサービスチーフ。幾多のアルバイト武者修行の経験があり、話題をふれば「あー、あの業界はですね」と現場の裏側を大体知っている。次から次へとやってくる業務に押しつぶされそうになりながらも、日々アートのサービスとお客様対応の品質向上に熱意を注いでいる。NBA(プロバスケ)観戦が趣味と。